本文へ

高森町のインスタグラムアカウントへのアイコン 高森町のTwitterアカウントへのアイコン 高森町のFacebookアカウントへのアイコン
クローズ
SEARCH

検索

閉じる
ASSIST

閲覧支援

外国語
文字サイズ
小さく 標準 大きく
ふりがな
ふりがなをつける
読み上げ
読み上げる
閉じる

7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

ホーム健康・福祉生活福祉・地域福祉7月は「社会を明るくする運動」強調月間です
ホーム健康・福祉支援・相談7月は「社会を明るくする運動」強調月間です

社会を明るくする運動

社会を明るくする運動は、すべての国民が、犯罪や非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、それぞれの立場において力を合わせ、犯罪や非行のない安全・安心な地域社会を築こうとする全国的な運動です。

第74回社会を明るくする運動 画像.png

法務省❝第74回 社会を明るくする運動❞特設ページ(外部サイトへリンク)

高森町の取組み

高森町では、社会を明るくする運動を推進するため、学校、地域、警察、産業、福祉、行政などの関係者による推進委員会を設け全町で活動に取り組んでいます。
毎年「あいさつ」に重点をおき、町全体で心のこもった明るいあいさつを交わし合うことで、犯罪や非行が起きにくくし、また、住民一人ひとりが共に支え合える明るい社会を築くことを目指しています。皆さんのご協力をお願いします。

啓発活動

7月1日月曜日 町内小中学校、保育園にて啓発活動実施

7月10日水曜日 出砂原交差点付近にて啓発活動の実施

小中学校における作文コンクールの実施

町CATVによる音声放送の実施

保護司について

保護司は保護司法に基づき、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員です。活動はボランティアであるため給与は支給されません。保護司になるためには、社会的信望がある等、保護司法に規定された条件を満たす必要があります。全国で約5万人が活動しており、高森町では4名の方が活動されています。

保護司の活動内容

~保護観察、生活環境の調整、犯罪予防活動等を行います~

保護司は民間としての柔軟性と地域の実情に通じているという特性をいかしながら、犯罪や非行をした人の立ち直りを支え、地域の犯罪予防活動に取り組んでいます。
時には、保護観察官と協力しながら、保護観察中の人と月に数回面接をし、生活状況を見守ったり相談にのったり指導を行います。また、刑務所や少年院に入っている人の家族等(引受人)に会い、矯正施設出所後の生活の見通しについて話を聞くこともあります。

法務省 保護司、保護司組織の紹介ページ(外部サイトへリンク)

問い合わせ先

社会を明るくする運動高森町推進委員会事務局

健康福祉課 福祉係  電話0265-35-9412(健康福祉課直通)

カテゴリー