更新日:2021年07月21日

ツキノワグマにご注意ください

例年7月から9月頃にかけて、クマが農作物やクルミ等の木の実、はちみつ等を求め集落に降りてきます。市田地区では中央道付近まで降りてくることが確認されています。また、山吹地区では山吹公園付近まで降りてくることがあります。上段地区に限らず樹林がつながっている場所では注意が必要です。特に河川沿いはクマの通り道になっています。身近な場所でもクマが行動していることを念頭におき、不幸な事故や被害を防ぐため、次のことに気をつけるよう心がけましょう。

  • 山際の農地で果樹等を栽培するときは、電気柵を設置しましょう。
  • 廃果や野菜くず、生ゴミなどを放置しないようにしましょう。
  • クマが活動的になる夜間や朝・夕はできるだけ外出を避けましょう。
  • 登山や山菜採り、キノコ採り、仕事で山へ入るときは、大きな声を出したり、ラジオを流す、鈴を鳴らすなどして、人の存在をクマに知らせましょう。
  • クマと出会ってしまったら、慌てず、ゆっくり、クマに背中を見せないよう後ずさりしてその場を離れましょう。
    クマを刺激することは危険です。(走って逃げる、物を投げるなど)

クマを目撃した時、クマによる農作物等の被害にあった時は。すぐに役場産業課までご連絡ください。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

産業課 林務係

電話:0265-35-9405 / ファックス:0265-35-8294

お問い合わせはこちら