更新日:2020年05月08日

第7次まちづくりプラン・第2期総合戦略

1 まちづくりプラン・総合戦略の概要

1)まちづくりプランと総合戦略

令和2年4月スタートの高森町第7次振興総合計画(まちづくりプラン)が完成致しました。日本一のしあわせタウン高森(総合戦略)の終了期間に合わせて、まちづくりプランの計画期間を前倒し、まとまりがある1つの計画になりました。

人口減少やリニア中央新幹線の開通等、大きな社会の変化が見込まれる中で、高森町が10年先に目指す姿や方向性をまとめています。

 

2)将来像

なりたい『あなた』にあえるまち

 

高森町内の全21地区で実施したまちづくり懇談会や、中学生、高校生、飯田下伊那出身大学生等、幅広い年代の皆さんのご意見をもとに、将来像を決定致しました。

 

将来像の趣旨

住みやすい環境の中で自分自身が夢を持って、活き活きとした日々を送ること。それは「自分のありたい姿が実現できる」ことだと考えます。人の「しあわせ」のカタチや「価値観」はそれぞれですが、多様な価値観(なりたい自分)が実現され、一人一人の「しあわせ」が達成されること(自己実現できること)が、人生や心を豊かにしていく。そんなまちが「しあわせタウン」であると考えます。このコンセプトを大事に守りつつ新しい時代の流れを柔軟に取り入れ、より時代に合った住みやすいまちづくりを目指していきます。

 

3)計画期間

1)令和2年度(2020年)から令和11年度(2029年)です。

 ※前半5年間:前期計画、後半5年間:後期計画

2)総合戦略は令和2年度(2020年)から令和6年度(2024年)です。

 

4)計画書

添付ファイルをご覧ください。

 

第7次まちづくりプラン(全文)(PDF:5.4MB) ※データ量にご注意ください

第7次まちづくりプラン(基本構想)(PDF:2MB)

第7次まちづくりプラン(基本計画)(PDF:2.2MB)

第2期総合戦略(基本計画)(PDF:1.7MB)