更新日:2018年05月08日

第2期 人口減少・少子高齢化対策プロジェクト

第2期 人口減少・少子高齢化対策プロジェクト

プロジェクトの目的

「高森町の人口における将来展望を明らかにし、目標を実現するための戦略を策定する」

このプロジェクトでは、平成25年度実施の人口減少・少子高齢化プロジェクトチームにより作成した「人口減少少子高齢化対策プロジェクト報告書」をふまえながら、地方版総合戦略「日本一のしあわせタウン」策定に対し次のことを行います。

  • 町民、関係団体からの意見集約
  • 関係事業の立案・実施・評価・改善の実施(PDCA)
  • 振興総合計画・行政評価との連携

目指す将来像

「人口が定着し、心豊かな暮らしの実現」

5つの分科会

将来像に向けた施策を考えるため、課長補佐・係長級を中心とした役場職員が5つの分科会に分かれて検討をしています。

  1. 人口自然減の抑制「地域で支える子育てなど」
  2. 人口社会増への転換「若者人材の定着など」
  3. 経済自立「仕事や収入の確保など」
  4. 地域活力の向上「タウンプロモーションなど」
  5. 高齢化社会への対応「充実した高齢者福祉など」

これまでの経過(全体)

2015年4月10日:第1回会議 

プロジェクトの目的と位置づけについて確認しました。

2015年5月13日:庁内職員ワークショップ 

庁内の職員を対象に、5つの分科会でそれぞれ一斉にワークショップを行いました。

ワークショップ作業中
ワークショップの結果を発表

2015年8月5日 各分科会の政策・施策の体系(案)がまとまりました。

1.人口自然減の抑制「地域で支える子育てなど」

2015年4月22日:分科会1(人口自然減の抑制) 第1回会議

取り組み内容の決定や目標数値の設定に向け、ワークショップを行うことに決まりました。

2015年4月24日:分科会1(人口自然減の抑制) 第2回会議

ワークショップにおいて、具体的に何についての意見をもらうかを確認しました。また、実際に分科会でワークショップを行いました。

2015年5月11日:中学校教員ワークショップ

2015年5月13日:庁内職員ワークショップ

全体の経過参照

2015年5月18日:南小学校教員ワークショップ

中学校と同じ内容

2015年5月21日:北小学校教員ワークショップ

中学校と同じ内容

2015年5月25日:保育園保育士ワークショップ1回目

2015年5月27日:保育園保育士ワークショップ2回目

1回目と違うメンバーで同じ内容のワークショップ

保育園ワークショップ風景

2.人口社会増への転換「若者人材の定着など」 

2015年4月20日:第1回会議

分科会の進め方、人口推計、総合戦略の指標設定について確認しました。

2015年5月13日:庁内職員ワークショップ

2015年7月10日:第2回会議

役場WSの意見、社会増に向けた人口推移試算、国勢調査での人口移動状況などを確認し、総合戦略の政策・施策及び指標(KPI)の設定に向けて議論しました。

2015年8月4日:第3回会議

政策・施策の詳細、指標(KPI)の設定を検討

3.経済自立「仕事や収入の確保など」 

  • 2015年4月21日:第1回会議
  • 2015年5月8日:第2回会議
  • 2015年7月29日:第3回会議

4.地域活力の向上「タウンプロモーションなど」 

  • 2015年4月28日:第1回会議
  • 2015年7月16日:第2回会議
  • 2015年7月30日:第3回会議

5.高齢化社会への対応「充実した高齢者福祉など」 

  • 2015年4月28日:第1回会議
  • 2015年6月22日:第2回会議
  • 2015年7月14日:第3回会議

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連する情報

この記事に関するお問い合わせ先

総務課 企画振興係

電話:0265-35-9402 / ファックス:0265-35-8294

お問い合わせはこちら