更新日:2019年07月31日

下市田学校「 第9回桜を愛で抹茶に親しむ会」を実施

平成31年3月31日(日曜日)に、下市田学校応援隊が主催する、桜を愛で抹茶に親しむ会が行われました。会場は町の有形文化財に指定されている、旧下市田学校校舎です。

明治時代に建てられた小学校である下市田学校が、地域の想いから現在に残されていることを、多くの方々に知っていただくことが目的です。

 

(高森町有形文化財 旧下市田学校校舎)

 

校舎周辺の桜はちょうど、満開を迎えるところです。

野点(のだて)は、下市田第1茶道クラブ、一期の会(いちごのかい)の皆さんの協力で行いました。桜と校舎を眺めながらのお茶に、会話が弾んでいました。

 

(満開の桜を見ながらのお茶)

 

飯田女子高校邦楽クラブによる琴の演奏は、年々来校者が増え、会場に入りきらない程でした。長野県大会で優勝して、全国大会に度々出場している高い技術と美しい音色を、間近で楽しみました。

最後の曲は、ことの音に合わせて来校者で合唱して、会場の一体感が増しました。

 

(ことの演奏と来校者の歌声がひとつに・・・)

 

教室では、下市田学校で活動をしている「ちくちく会」の皆さんが作った作品を展示しました。手縫いのカバンやぬいぐるみが壁一面に飾られており、多くの方々が足を止めて見学していました。

 

(華やかな雰囲気のカバン。)

 

ことの演奏をしていただいた、飯田女子高校邦楽クラブの生徒さんには、下市田学校の木札をプレゼントしました。

この木札は、敷地に生えていて老木になり、危険なため伐採された木から作られたものです。時の駅で働く子育て中の女性作業員が1枚1枚、筆ペンで丁寧に「下市田学校」と書き込みました。

 

(木札)

 

下市田学校を訪れた記念として子どもに渡しますが、今回が初めてのプレゼントになりました。

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財保護係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら