更新日:2018年07月30日

下市田学校「 第8回桜を愛で、抹茶に親しむ会」が行われました

2、桜を愛で抹茶に親しむ会が行われました

平成30年4月8日(日曜日)に、下市田学校応援隊が主催する、桜を愛で抹茶に親しむ会が行われました。会場は町の有形文化財に指定されている、旧下市田学校校舎です。

下市田学校を多くの方々に知っていただくことを目的として開催されました。

 

(高森町有形文化財 旧下市田学校校舎)

 

野点(のだて)は、下市田第1茶道クラブ、一期の会(いちごのかい)の皆さんの協力で行いました。茶碗は下市田区の協力により、岐阜県の陶芸家 加藤元秀さんが新たに作ったものです。

(大勢の方が野点を楽しみました)

 

以前行った企画の際に加藤さんとの縁があったことから、製作を依頼しました。下市田学校を通じて、人のつながりが深まっていくことを感じました。

(人のつながりが詰まっている茶碗)

 

飯田女子高校邦楽クラブによる琴の演奏は、会場に入りきらない程の来校者で賑わいました。長野県大会で優勝して、全国大会でもベスト8に入った高い技術と美しい音色を、間近で楽しみました。校舎の内外に音が広がり、足を止めて聞き入る人の姿もありました。

(間近で美しい演奏を聞きました)

 

陶芸展では、下市田学校で陶芸活動をしている「やらまい会」の皆さんが作った作品を展示しました。器や花瓶、人形等が美しく飾られており、多くの方々が見入っています。

やらまい会から飯田女子高校邦楽クラブの皆さんへ、カエルの置物がプレゼントされました。

 

(陶芸展。明治の教室に作品が映えます。)

(メイドイン下市田学校の陶芸)

(プレゼントのかえるは1つ1つ表情が違うため、生徒が選びました)

 

今回初めて、下市田学校の歩みを紹介するスライドを制作して紹介しました。明治8年に最初の校舎が建てられてからの、140年を超える歴史を知る機会になりました。

 

(地域に支えられた学校の歴史を知ります)

 

平成29年2月13日に高森南小学校の3年生が下市田学校を訪れて学習した後、お礼の手紙が届きました。手紙を2階の廊下に飾って、来校者の皆さんに見ていただきました。

(南小3年生の手紙)

 

1、桜を愛で抹茶に親しむ会が行われます

 高森町有形文化財の「明治の学び舎」下市田学校を会場に、下市田学校応援隊の皆さんによるイベントが開催されます。学校周辺の桜を愛でつつ、抹茶を一服いただきながら、春の一日をお楽しみください。

(桜に囲まれている下市田学校)

1、日時

平成29年4月8日(日曜日)午前10時から午後3時まで

2、場所

高森町有形文化財 下市田学校(高森町下市田1044 下市田保育園隣)

(お車でお越しの方は、下市田保育園駐車場をご利用ください。)

20170402shimoichidagakkou

3、野点(のだて)

下市田第一茶道クラブ、一期の会の皆様による野点(茶券:350円・お菓子付)

晴天時は下市田学校校舎前で、明治時代の雰囲気を感じながら、お茶を楽しむことができます。

(昨年の様子)

4、同時開催

1)飯田女子高校邦楽クラブによる筝(こと)の演奏。「高校生の活躍」

 【午前の部】10時30分から  【午後の部】1時30分から

 飯田女子高校邦楽クラブ…創部57年。これまでに全国大会23回出場。

 明治の学び舎に筝(こと)の美しい音色が響きます。

(校舎の外にも演奏が流れます)

2)やらまい会作陶展 (2階教室にて)

下市田学校を会場に陶芸の創作活動を行っている、やらまい会に所属する会員さんの作品を展示します。

3)下市田学校を知る「新たな試み」

明治21年に校舎が建てられてから、下市田村や市田村の小学校等を経て、約130年たっても小学生が学習に訪れる、下市田学校の魅力を知ります。

スライドにて随時実施予定です。

(高森南小学校の児童が、明治の教室で授業を受けています)

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財保護係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら