更新日:2018年09月18日

松岡城跡が県ホームページで紹介されました

「信州花フェスタ2019」では、県内各地にある花や緑を楽しむことができる施設や場所、行事やイベントを「信州グリーンシェアスポット」として紹介しています。

 

高森町史跡「松岡城跡」が場所として、「鯉泳ぐ松岡城址新緑の会」「松岡城址秋を観る会」がイベントとして登録されました。

信州花フェスタ2019のホームページにて紹介されていますので、ぜひご覧ください。

 ↓

「信州グリーンシェアスポット」

「信州花フェスタ2019ホームページ」

 

(松岡城跡から見た景色)

 

「信州花フェスタ2019とは」

正式名称は、「第36回全国都市緑化信州フェア」といいます。
「全国都市緑化フェア」は、緑がもたらす快適で豊かな暮らしがある街づくりを進めるために国土交通省の提唱で昭和58年(1983年)から全国各地で開催されている花と緑の祭典です。長野県での開催は、今回が初めてです。

信州花フェスタ2019では、「北アルプスの麓から広がる 花と緑に包まれた しあわせ暮らし」をテーマに、メイン会場となる松本平広域公園を可憐な花やみどりで彩り、サブ会場となるアルプスあづみの公園や烏川渓谷緑地では様々な催しを開催します。開催期間は、平成31年4月25日から6月16日です。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

 ↓

「信州花フェスタ2019ホームページ」

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財保護係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら