更新日:2018年06月13日

町有形文化財 本学神社 150年祭が行われました

1、概要

平成30年3月24日(土曜日)に、氏子の皆さんが主催する、高森町有形文化財 本学神社の150年祭が行われました。会場は本学神社の社殿です。

 

慶応3年(1867)3月24日に、高森町山吹地区に本学神社が創建されてから、150年を経ました。時の駅に収蔵されている社宝を安置して、祭事が執り行われました。

2、本学神社とは

江戸時代に盛んになった国学の4人の学者(※四大人)が祭られている神社です。山吹藩の片桐春一郎を中心に、多くの人が国学を学びました。しだいに、神社設立の機運が高まります。4人の学者ゆかりの品を社宝として、「本学霊社」が完成しました。

昭和45年に高森町有形文化財に指定されました。

本学神社は150年経った今も、地域の方々に守られて、地域の歩みを今に伝えています。

 

※四大人ー荷田春満、賀茂真淵、本居宣長、平田篤胤

地図情報

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財保護係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら