更新日:2020年08月11日

次世代へ!平和をつなぐ事業 「伝えたい想い アオギリにたくして」

8月6日

8月6日は今から75年前の昭和20年8月6日に広島市に原子爆弾が投下された日です。

広島市では被爆75周年を迎え、原爆投下日(8月6日)に原爆死没者の慰霊並びに平和祈念の式典が行われ、同時に全国各地で原爆死没者の慰霊並びに世界の恒久平和を願う取り組みが行われました。

 

本年度発足した「伝えたい想い アオギリにたくして」のメンバー18人は、原爆が投下された8月6日の8時15分に、広島市や長崎市から寄贈された被爆樹木が植えられている、丸山公園平和の丘に集まり、原爆投下による死没者及び戦没者のご冥福と世界恒久平和の実現を祈念し1 分間の黙とうを捧げました。

 

      

              丸山公園 平和の丘

 

その後、広島市より寄贈され平和の丘に植えられた「被爆アオギリ2世」とその種から育て、高森町で芽を出し成長した「被爆アオギリ3世」に向かい、映画「アオギリにたくして」の主題歌 アオギリにたくしてを歌いました。

 

        

 

      

■平和かけはし使節団派遣は新型コロナウイルス感染症のため中止となりました。

 

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 社会教育係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら