更新日:2020年05月10日

次世代へ!平和をつなぐ

高森町で『被爆アオギリ3世』を育てます

丸山公園平和の丘に「被爆アオギリ2世」の木があります。このアオギリは平成5年に広島市より譲り受け、平成7年に平和の丘に植えられました。その後順調に成長し、花を咲かせています。令和元年11月に町民の方と被爆アオギリ2世の木から種を収穫しました。

 

       平和の丘 アオギリ2世          アオギリ2世の種

 

令和2年3月、保管していた被爆アオギリ2世の種植えを行い、5月上旬に「アオギリ3世」の芽が出ました。今後、高森町で被爆アオギリ3世を大切に育て、町民の皆さんと共創し平和への思いを伝えていきます。

 aogirime

          種植えの様子           高森町のアオギリ3世の芽

『被爆アオギリ』とは

原爆投下当時、広島逓信局の敷地内に植えられていたアオギリ。熱線と暴風で幹の半分が焼けてえぐれたにもかかわらず新芽を出しました。1973年、広島平和記念公園に移植され、この木に平和への思いを託す人たちが、種を取り、全国各地に被爆アオギリ2世、3世が育てられています。

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 社会教育係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら