更新日:2017年11月06日

金澤翔子さん泰子さん 揮毫&講演会を開催しました!

翔子さん泰子さんを囲んで

去る10月17日、柿の里ひろば講演会の一環で「金澤翔子さん泰子さん揮毫&講演会」を高森中学校体育館で開催しました。町内より250名ほどの皆さんが来場され、盛況のうちに開催することができました。

翔子さん揮毫

翔子さんは、ダウン症という病気を抱えながらも、5歳からお母さまである泰子さんに書を習い、今では日本のみならず全世界で揮毫や個展開催などを開催し、活躍されています。

今回も横3.6m、縦0.9mの「共に生きる」という文字を書いて下さいました。

泰子さん講演会

お母さまの泰子さんは、翔子さんとの生活についてお話しして下さいました。何度も生きることを諦めそうになったけれども、翔子さんとの生活の中で、生きることの大切さ、そして自分の気持ちの持ちようで人は幸せに生きることができるということを、中学生そして参加者の皆さんの前で、熱く、でも自然体でお話しして下さいました。

また、最後には翔子さんのサプライズダンス!(マイケルジャクソンのBeat it !)もあり、本当に楽しく、そして心があったかくなる講演会でした。

今回の講演会は、行政のみならず町民の有志の皆さんで実行委員会を組織し、開催することができました!多くの皆さんのご協力やご支援で開催することとなりました。

まさに「共に生きる」意味を、参加者もスタッフも感じることができる揮毫&講演会でした。