更新日:2022年06月24日

熱中症にご注意ください

みんなで防ごう熱中症‼

 

atui

熱中症」は高温多湿な環境に長くいることで、徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ、体温調節機能がうまく働かなくなり、体内に熱がこもった状態になることで発症します。「吐き気」や「倦怠感」さらに症状が進むと「意識障害」を引き起こします。ひどい時は命を落とすこともあります。

屋内にいるときでも発症することがあります。 

 

 

暑さを避けよう

屋内では…扇風機やエアコンで温度を調節

屋外では…日陰を利用、こまめな休息、

     天気の良い日は日中の外出を控える

     外出の際は帽子や日傘を利用しましょう

 

<こまめ水分を取りましょう

室内でも、外出時でものどの渇きを感じなくても、こまめに水分・塩分・経口補水液などを補給する。

 

きちんと食べよう朝ごはん

熱中症の死亡事故の発生時刻は、実は10時〜12時が最も多いというデータがあります。

■朝ごはんを食べて体の内側からも水分補給

熱中症対策のためは朝食ときちんと摂ることも大切です。ご飯とみそ汁だけでも、きちんと食べれば、十分な水分と塩分が補給できます。

 

 

 

 

 

熱中症が疑われる人を見かけたら

◆涼しい場所へ:エアコンが効いている室内や風通しの良い日陰などに移動。

◆からだを冷やす:衣服をゆるめ、からだを冷やす。

◆水分補給:水分・塩分・経口補水液などを補給する。

自力で水が飲めない、意識がない場合は、すぐに救急車を呼びましょう!

熱中症警戒アラートについて

環境省と気象庁は、熱中症予防対策に資する効果的な情報発信として、 令和2年7月から関東甲信地方で、「熱中症警戒アラート(試行)」を実施し令和3年4月下旬からは全国を対象に運用を開始しています。

「熱中症警戒アラート」は、熱中症の危険性が極めて高くなると予測された際に、危険な暑さへの注意を呼びかけ、 熱中症予防行動をとっていただくよう促すための情報です。

環境省・気象庁が発表する熱中症警戒アラートの情報を、メールで配信するサービスが、 下記より無料でご利用になれます。 (但し、情報取得にかかる通信料(利用登録、ホームページの閲覧、メール送受信時に発生する料金)は利用者の負担となります。) 

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら