更新日:2021年04月20日

フラット35子育て支援型・地域活性化型との相互協力に関する協定を締結しました。

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型とは

【フラット35】とは

【フラット35】とは、民間金融機関と独立行政法人住宅金融支援機構が提携して提供している全期間固定金利住宅ローンです。

詳しくは下記よりご覧ください。

市町村との連携による金利優遇制度

【フラット35】子育て支援型・地域活性化型とは、子育て支援や地域活性化について、積極的な取組を行う地方公共団体と住宅金融支援機構が連携し、住宅取得に対する地方公共団体による補助金交付などの財政的支援とあわせて【フラット35】の借入金利を一定期間0.25%引き下げる制度です。

利用方法

制度の対象となる方

この金利優遇制度は、住宅金融支援機構と地方公共団体がともに支援をすることを原則とした協定をもとに実施します。住宅金融支援機構との協定により、高森町で住宅を建設する場合、下記要件を満たす場合に金利優遇制度を受けることができます。

対象となるための要件
  • 令和3年4月1日以降にフラット35の契約をすること。
  • 高森町住宅取得等補助金による交付決定額が30万円を超えることが予想されること。
  • 申請の段階で、この金利優遇制度が終了していないこと。
  • 町税等の滞納がないこと。
  • 次の1~3のいずれかに当てはまること。
  1. 18歳以下の子どもがいること
  2. 3年以内に高森町に転入した者であること
  3. 2親等以内の親族が高森町内に住宅を所有していること。
提出様式

(注意)

 要件等確認チェックシートはそれぞれ申請する要件によって一部内容が違いますので、申請するものに合わせた様式を選んで使用してください。

手続きの方法

申請される場合は、下記書類をそろえ、役場産業課へ提出してください。

  • 利用申請書(第2号様式)
  • 年齢の確認できるもの(マイナンバーカード、運転免許証、健康保険証の写しなど)
  • 住宅の売買契約書の写し又は工事請負契約書の写し 等
  • 建物の概要がわかる書類(設備の配置が記載された「平面図」および「立面図」)

申請時に高森町外にお住いの場合は以下の書類をあわせて提出してください。

  • 世帯全員の記載がある住民票の写し等(同居する者の関係が分かるもの)

【申込フロー】

  1. 住宅購入の手続きをローン締結前まで進める。
  2. 上記書類を整え、役場へ提出する。
  3. 役場より、事業適用となる証明書を受け取る。
  4. 証明書を持って取扱金融機関にてローン契約を締結する。

注意事項

  • 高森町住特取得等補助金の交付を受ける方でも、この金利優遇制度を受けられない場合があります。
  • 令和3年4月1日以前もしくは証明書を提出せずにローン契約を締結した場合は、この金利優遇制度を受けられませんので、必ず金融機関に証明書を提出してください。
内部リンク
この記事に関するお問い合わせ先

産業課 商工観光係

電話:0265-35-9405 / ファックス:0265-35-8294

お問い合わせはこちら