更新日:2020年06月11日

犬・猫の飼い主の皆さんへのお願い

犬の飼い主の皆さんへ

犬のフンは飼い主がきちんと始末しましょう

町内の道路で、散歩中の犬のフンを放置したままにする飼い主がいます。

犬のフンが放置されてしまうと通学中の児童や通行者、地域の方の迷惑になります。

飼い主のマナーとして、フンは必ず持ち帰るようにしましょう。

犬の登録について

犬を飼うには登録が義務付けられています。

登録料は3,000円です。

生後91日を経過後、役場環境水道課窓口またはお近くの獣医師会加入の動物病院へお届けください。

1回登録をすれば、その犬について生涯有効となります。

登録後、犬の住所や飼い主が変わったとき、死亡したとき等には届け出が必要となります。

狂犬病予防注射について

生後91日を経過したすべての飼い犬に対し、法律で義務付けられています。

家の中で飼っている場合も、接種が必要です。

町では集合注射を行っています。

関連ページ

猫の飼い主の皆さんへ

のら猫を増やさないために

家に寄ってきたのら猫が可愛くてエサを与えているうちに、たくさん子どもが生まれて困ってしまった、というケースがありました。飼えない猫にエサを与え、のら猫の子どもが増えるのは猫にとっても不幸なことです。飼い猫として責任を持って管理することの出来ない場合は、エサを与えないようにしてください。 また飼い猫へのエサでも、外で与えているとのら猫が食べてしまうことがありますのでご注意ください。

町では猫の登録制度を設けています。不定期にえさを与える飼い猫も登録することができます。登録されている猫につきましては不妊去勢手術やマイクロチップの装着について補助金を設けていますのでご活用をお願いします。

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先
環境水道課 環境係

電話:0265-35-9409 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら