高森北小学校

高森北小学校について

明治37年に新しい校舎として現在の場所に校舎を建設し、昭和32年の市田村・山吹村の合併により高森町が誕生しました。その際に、高森北小学校に校名を変更しています。

高森北小学校校歌

画像は下伊那教育会「校歌は心のふるさと」プロジェクトページより

校歌は大正4年の山吹尋常小学校の際に制定しました。作詞者は長野県歌「信濃の国」の作者でもある、浅井冽。平成30年度は校歌制定103年となり、学校をあげて地域住民の皆さんとともに記念イベントを開催しました。

ほたるの幼虫の放流

ホタルの幼虫を放流


校舎周辺は自然にあふれ、児童らはその恵まれた環境の中で、元気に学校生活を送っています。
学校近くの「天伯峡」では、地域住民によるホタル保全活動が行われ、北小学校の児童もホタルの育成や幼虫の放流などを通じて、高森町山吹の自然保全活動の一役を担っています。

ほたるが舞う天伯峡

天伯峡に舞うホタル

ほたる祭り

ほたる祭りでの「ほたる太鼓」の演奏

上記の写真は、山吹区のホームページよりお借りしております。

アクセス等

連絡先

(電話)0265-35-2264 /(ファックス)0265-35-1264

所在地

〒399-3101 長野県下伊那郡高森町山吹3727番地2