更新日:2019年10月02日

国民健康保険制度とは

国民皆保険制度をご存知ですか?

突然の病気や負傷などに備えるため、我が国ではすべての方が医療保険に加入することになっており、これを「国民皆保険制度」といいます。

医療保険は大きく分けて次の二つに分けられます。

 職域保険:職場で加入する健康保険など

        ※健康保険などの加入については、お勤め先にお問い合わせください。

 地域保険:国民健康保険、後期高齢者医療(長寿医療)

国民健康保険について

国民健康保険は、職場の健康保険などに加入していない人に医療を保障する制度です。「国民皆保険制度」のもと、職場の健康保険などに加入していない人や生活保護を受けていない人は、国保または後期高齢者医療に加入することになります。

国保は個人単位ではなく世帯単位で加入することになるため、世帯主が代表して届出や納税をすることになります。世帯主が国保以外の健康保険などに加入している場合も同様です。

 

▼国民健康保険に加入する方

・自営業者、農業従事者

・退職して職場の健康保険などをやめた人

・パートやアルバイトなどで職場の健康保険に加入していない人

・外国人登録をして3か月以上日本に滞在する人(ただし、職場の健康保険などに加入している人を除く。)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら