更新日:2018年07月03日

平成30年度公共工事等発注見通しについて

平成30年度公共工事等発注見通しについて

「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」に基づき、平成30年度の公共工事等の発注見通しを公開します。

平成30年度 建設工事発注予定一覧(PDF:393.7KB)

指名競争入札の参加必要資格及び指名する場合の基準

高森町では下記要綱等に基づき、指名を行っています。参考にして下さい。

高森町の発注する建設工事及び建設コンサルタント等の業務の一般競争入札又は指名競争入札に参加する者に必要な資格(平成25年3月27日告示第1号)

(建設工事の競争入札参加者の資格)

第3 建設工事の入札参加資格は、請負契約の予定価格の金額に応じて、次の各号に掲げる事項について審査した結果に基づき、法第2条第1項に規定する建設工事の業種ごとに付与するものとし、土木一式工事及び建築一式工事にあってはA、B、C、D又はEの5等級に、電気工事、電気通信工事、管その他の工事にあってはA、B又はCの3等級のいずれかに格付し、認定するものとする。

  1. 法の規定に基づく経営事項審査の項目及びこれらについての結果
  2. 工事経歴
  3. 町の発注した工事成績
  4. 労働福祉の状況
  5. 不誠実な行為の有無その他信用状況
  6. その他町長が必要と認める事項

(建設コンサルタント業務の競争入札参加者の資格)

第4 建設コンサルタント業務の入札参加資格は、次の各号に掲げる事項について審査した結果に基づき認定する。

審査基準日における登録状況

  1. 審査基準日の直前の事業年度における自己資本額及び業務実績
  2. 業務経歴
  3. 審査基準日における技術職員
  4. 営業年数
  5. 不誠実な行為の有無その他信用状況
  6. その他町長が必要と認める事項

(等級格付等の方法)

第6 建設工事の請負の競争入札に参加する資格を得ようとする者の等級格付及び建設コンサルタント業務の競争入札に参加する資格を得ようとする者の適格性の審査は、第3及び第4の規定により提出された書類に基づき、町長が決定する。

2 町長は、前項の審査に当たって長野県知事が行う建設業者の経営等に関する事項の審査の結果を参考とすることができる。

3 町長は、前項の審査にかえて長野県知事が行う「長野県の発注する建設工事及び建設コンサルタント業務の一般競争入札又は指名競争入札に参加する者の資格」に基づく等級格付をもって、その者の等級格付とすることができる。

高森町建設工事入札制度合理化対策要綱

(等級別発注標準)

第10 建設工事の種類ごとの各等級別の発注の標準は、下表の左欄に掲げた等級の右欄の工事金額の範囲内とする。この場合の工事金額は、請負工事設計金額とする。

請負工事設計金額一覧

区分

土木一式

建築一式

電気・電通

管・その他

舗装

A

1500万円以上

2000万円以上

200万円以上

200万円以上

全工事

B

800万円以上8000万円未満

900万円以上9000万円未満

2000万円未満

3000万円未満

3500万円未満

C

3000万円未満

4500万円未満

600万円未満

700万円未満

500万円未満

D

1500万円未満

2000万円未満

     

E

800万円未満

900万円未満