更新日:2018年04月27日

山吹上地区で発掘された戦国時代の陶器類を展示します「女性の活躍」

1、概要

平成30年2月に、山吹上地区にある中島遺跡を発掘調査したところ、戦国時代の茶壺や平椀等の陶器が複数見つかりました。

4月28日から6月末にかけて、高森町歴史民俗資料館時の駅のロビーに展示します。

 

2、展示

1)展示の場所  高森町歴史民俗資料館 時の駅ロビー

2)展示の期間  4月28日(土曜日)から6月30日(土曜日)

         (休館日は月曜日、祝日の翌日)

3)入館料  高森町民は無料。町民以外の方は200円。

3)展示品  茶壺、平椀、燈明皿(とうみょうざら)、おろし皿、すり鉢

※発掘されたものは、破片です。茶壺と燈明皿は、整理作業員ができる限り復元(元の形に戻す)しました。

(茶壺)

3、発掘調査の概要

長方形をした、半地下状の倉庫か作業小屋と思われるところから発見されました。時代は戦国時代だと考えられます。

隣接する場所を発掘調査した際には、同時代の大型または集中した建物跡や、鍛冶工房跡が見つかっています。

4、女性職員の活躍に向けて

埋蔵文化財の発掘調査成果を地域の皆さんに知っていただくことや、職員の研修として、地元である山吹上地区において、4月16日に説明会を行いました。参加した方々に興味を持っていただけたこともあり、説明者である女性学芸員の提案によって、この展示を行うことになりました。

(山吹上地区での説明の様子)

展示品の陳列や、展示の題字や茶壺等の見出しを手書きして準備したのは、時の駅で埋蔵文化財の整理作業をしている、子育て中の女性職員です。

こじんまりとした展示ではありますが、女性職員の意欲・工夫の成果です。

多くの皆さんのご来館をお待ちしております。

地図情報

関連ページ

この記事に関するお問い合わせ先
教育委員会 文化財保護係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら