更新日:2017年04月20日

電子証明書(公的個人認証サービス)

公的個人認証サービス制度

公的個人認証サービス制度は、ご家庭のパソコンからインターネットを通じて、行政機関等に電子申請・届出等を行う際に、「申請者が本人であること」及び「送信される電子データがインターネットの通信上で改ざんがされていないこと」を電子的に証明するものです。

マイナンバーカード(個人番号カード)に搭載される電子証明書について

マイナンバーカードには、「署名用電子証明書」と「利用者証明用電子証明書」が標準で搭載されます。(マイナンバーカード申請時に、2つの電子証明書を不要として申請した場合は、電子証明書の機能が搭載されていません。)

  • 署名用電子証明書・・・インターネット等で電子文書を作成・送信する際に利用します(例:e-Tax等の税の電子申請など)
  • 利用者証明用電子証明書・・・マイナポータルへのログインやコンビニエンスストアでの公的な証明書の交付などに利用します。(高森町では現在のところ、コンビニエンスストアでの公的な証明書の交付を行っておりません。)

電子証明書の有効期限と更新

  • マイナンバーカードに搭載された電子証明書の有効期限は、原則として発行日から5回目の誕生日までです。
  • 電子証明書は、有効期間満了の3ヶ月前より更新をすることができます。更新する場合は、受付窓口で申請してください。
  • 「署名用電子証明書」は、引越しや婚姻等により、電子証明書の記録事項(住所や氏名等)に変更が生じた場合には、自動的に失効します。引き続き「署名用電子証明書」の利用を希望される場合は、受付窓口にマイナンバーカードをお持ちいただき、新規発行申請をしてください。
  • 「利用者証明用電子証明書」は、電子証明書の記録事項に変更が生じた場合でも、住所や氏名等を記録事項としないことから失効しません。

注意:マイナンバーカードの表面に印字されている有効期間は、カードの有効期間です。電子証明書の有効期間ではありません。

注意:マイナンバーカードが失効すると電子証明書の有効期間内であっても、電子証明書は失効します。 

電子証明書発行手続き

マイナンバーカード申請時に電子証明書を不要とした場合や、電子証明書の有効期間が過ぎている、住所や氏名等に変更が生じ署名用電子証明書が失効している人については、電子証明書の発行を受けてから公的個人認証サービスをご利用ください。

申請できる人

高森町に住民登録のある人で、マイナンバーカード(運用中のもの)をお持ちの人

注意:15歳未満の人や成年被後見人は原則、署名用電子証明書は発行できません。また、利用者証明用電子証明書を発行する場合は、法定代理人が同行して申請していただく必要があります。なお、法定代理人であることを証明できる書類が必要です。

  • 15歳未満の人・・・戸籍謄本(本籍が高森町の場合は除きます)
  • 成年被後見人・・・成年後見登記事項証明書

 

申請の受付窓口

役場町民税務課戸籍住民係

お持ちいただくもの

マイナンバーカード(数字4ケタの暗証番号を入力していただく必要があります)

発行手数料

初回交付のマイナンバーカードへの電子証明書の発行は無料です。マイナンバーカードの再交付に伴う電子証明書の発行手数料は200円です。

電子証明書の暗証番号の設定

電子証明書発行の際に、暗証番号を設定していただきます。

  • 署名用電子証明書の暗証番号:英数字混在で6文字以上16文字以下(英字は大文字)
  • 利用者証明用電子証明書の暗証番号:数字4ケタ

注意:マイナンバーカードで電子証明書の発行を受けたことのある人は、その際に設定した電子証明書の暗証番号を入力していただく必要があります。(忘れた場合は、暗証番号の初期化・再設定が必要です) 

住民基本台帳カードに搭載されている電子証明書をご利用の人へ

住民基本台帳カードでの電子証明書の発行(更新を含む)は、終了しています。

すでに住民基本台帳カードに搭載されている電子証明書は、電子証明書の有効期間内(発行日から3年間)は引き続き有効です。ただし、電子証明書の記録事項(住所や氏名等)に変更があった場合は、電子証明書の有効期間内であっても失効しますのでご注意ください。

今後、電子証明書を発行するには、マイナンバーカード(個人番号カード)が必要になります。

注意:マイナンバーカードは、地方公共団体情報システム機構(J-LIS)が作成し、市町村の交付窓口に送付されるため、申請していただいてからお受け取りになるまで1ヶ月程度かかります。

公的個人認証サービスの利用にあたって

公的個人認証サービスを利用した電子申請には、利用者クライアントソフト及びICカードリーダライタを動作させるためのドライバをインストールしたパソコンとICカードリーダライタが必要になります。

注意:利用者クライアントソフトは、「公的個人認証サービスポータルサイト」において、無料でダウンロードできます。

署名用電子証明書の暗証番号のアルファベットは、大文字のみとなります。ご自宅で利用するときは、小文字で入力した場合でも大文字に変換される仕様となっています。