福祉医療制度を利用される方へのお願い

正しい医療をうけるには

かかりつけ医をもちましょう

通いやすく、気軽に相談できる医師がいると安心です。

「コンビニ受診」はやめましょう

診療時間外や休日に受診する「コンビニ受診」は、診療時間内の受診よりも医療費が高くなります。また、同じ病気でいくつもの医療機関を受診する「はしご受診・重複受診」も医療費の増加につながります。

福祉医療制度は、みな様の税金によって成り立っています。この制度が将来にわたって継続できるように、適正受診のご協力をお願いいたします。

小児救急電話相談のご案内

電話番号:♯(シャープ)8000

長野県では、夜間(19時から23時)におけるお子様の病気の対処方法や、応急処置等を電話で相談できます。

小児科医の支援体制のもと、乳幼児・小児の医療相談に経験豊富な看護師等が相談に応じます。 

ウェブサイト「こどもの救急」のご案内

日本小児科学会が監修するサイトで、生後1か月から6歳までのお子様を対象に、医療機関にかかるべきかの判断や対処方法をサポートしてくれます。

ながの医療情報Netのご案内

ながの医療情報Netは、県内の病院・診療所、消防機関などをインターネットで結び、救急医療や医療機関の情報をお知らせするとともに、医療機関相互の連携に活用するものです。

  • 救急医療情報:最寄りの救急医療機関をご案内します。
  • 医療機関情報:地域の医療機関や歯科医療機関の情報をご案内します。

夜間や休日に体調を崩したり、ケガをした場合は、まずはかかりつけ医に連絡してください。

もし、かかりつけ医と連絡がとれず困ったときには、救急医療情報システムをご活用ください。