ハチミツを与えるのは1歳過ぎてから

乳児ボツリヌス症について

【どうやってなるの?】

ハチミツ」「黒糖」「コーンシロップ」「洗浄が不十分な野菜を使った野菜ジュース」「井戸水」などに含まれているボツリヌス菌によって引き起こされます。

大人の腸内では、ボツリヌス菌が他の腸内細菌との競争に負けてしまうため、通常、何も起こりません。

しかし赤ちゃんの場合、まだ腸内環境が整っておらず、ボツリヌス菌が腸内で増えて毒素を出すため発症してしまいます。多くの場合、治療で回復が可能です。しかし重症化すると死亡してしまうこともあります。

【どんな症状が出るの?】

・3日以上の便秘(初期症状)

・哺乳力の低下

・泣き声が弱くなる

・全身脱力

・呼吸困難

【どうすれば防げるの?】

ボツリヌス菌は通常の加熱や調理では死にません。ハチミツやハチミツ入りの飲料、コーンシロップ、洗浄や皮むきが不十分な野菜を使ったジュース、井戸水は1歳未満の赤ちゃんに与えないようにしましょう。

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら