子宮頸がん予防ワクチンの接種について

現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません

平成25年4月1日から、「予防接種法」の改正により、子宮頸がん予防ワクチンが定期の予防接種の対象となりましたが、平成25年6月14日に開催された厚生科学審議会の部会において、「ワクチンとの因果関係を否定できない持続的な疼痛が本ワクチンの接種後に特異的に見られたことから、同副反応の発生頻度等がより明らかになり、国民に適切な情報提供ができるまでの間、定期接種を積極的に勧奨すべきではない」との勧告がだされました。

  • 現在、子宮頸がん予防ワクチンの接種を積極的にはお勧めしていません。
  • ただし、子宮頸がん予防ワクチンの接種を中止するものではありませんが、接種に当たっては、有効性とリスクを理解したうえで受けてください。
  • 子宮頸がん予防ワクチン接種に関する情報は次をご覧ください。

厚生労働省

ヒトパピローマウイルス感染症の定期接種の対応について(厚生労働省)

ヒトパピローマウイルス感染症の予防接種後に生じた症状の診療に係る協力医療機関について(厚生労働省)

子宮頸がん予防ワクチン接種の「積極的な接種勧奨の差し控え」についてのQ&A(厚生労働省)

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら