子どもの医療費支援

子どもの医療費支援とは?

保険診療分の一部負担金に相当する額を償還払いにより支給します。但し、一医療機関につき一ヶ月当り500円を自己負担していただきます。

県内の医療機関で福祉医療費受給者証を提示して受診した場合は申請の必要はありません。県外で受診された場合は、領収書を添付して役場窓口へ申請書を提出してください。

 

平成30年8月1日より現物給付方式が導入されます。

平成30年4月1日時点で受給者証が有効方には、平成30年7月下旬に【あじさい色】の新しい受給者証をお送りします。なお、平成30年8月1日以降は現在お使いの【緑色】の受給者証は使用できなくなります。

対象者

【平成30年7月31日まで】

出生から中学校卒業(15歳の3月31日)までの子ども

【平成30年8月1日から】

出生から高校卒業(18歳の3月31日)までの子ども

受給者(保護者)の皆様へ

以下の内容について変更があったときは、受給者証を持参のうえ、速やかに役場へ届け出てください。届出がないと、お振込ができない可能性があります。

  • 受給者証の記載事項(住所、氏名等)
  • 加入保険(新しい保険証を持参してください)
  • 振込先口座(変更届を記入して提出してください)

関連する情報

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 福祉係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら