出産育児一時金

国民健康保険加入者が出産した場合に、出産育児一時金が42万円(産科医療補償制度の対象とならない場合は39万円)支給されます。妊娠85日以上であれば、死産・流産でも支給されます。ただし、出産した方が1年以上会社にお勤めし、退職後国保に加入して6カ月以内に出産する場合は、退職前に加入していた健康保険組合等から支給されますので、国民健康保険からは支給されません。

申請・手続きについて

1 直接支払い制度を利用される場合

出産育児一時金42万円を、出産した医療機関に国保から直接支払う制度です。出産費用が42万円を超える場合は、その超えた金額を医療機関等へお支払いください。国保への手続きは不要です。

出産費用が42万円を下回った場合は差額が支給されますので、差額の支給申請が必要です。

2 直接支払い制度を利用しない場合又は出産費用が42万円を下回った場合

出産された方の世帯主が、出産育児一時金の支給を国保へ申請してください。出産された方の世帯へ出産育児一時金42万円又は差額を支給します。

支給申請に必要なもの

  • 直接支払制度合意文書(医療機関と世帯主が交わした書類)
  • 出産費用の領収明細書
  • 出産育児一時金支給請求書
  • 通帳等口座番号の分かるもの
  • 印鑑

申請場所

  • 高森町役場健康福祉課健康支援係
  • 平日午前8時30分〜午後5時15分

 様式:

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら