更新日:2016年09月12日

高森町子どもいじめ防止条例

高森町子どもいじめ防止条例を施行しました

平成25年6月20日

高森町子どもいじめ防止条例については、平成25年6月議会に上程し、6月20日全会一致で可決されました。

主な経過

  • 2012年9月~ 高森町次世代育成支援推進協議会において条例案の作成を具体的に開始
  • 2013年2月20日 条例案公表・意見募集開始
  • 2013年3月15日 意見募集締切り
  • 2013年3月~4月 民生児童委員会・3校PTA・3校教職員、その他希望団体等と意見交換会を実施
  • 2013年5月 ご意見を反映して条例案を修正
  • 2013年6月7日 条例案を町議会へ上程
  • 2013年6月20日 条例案を可決
  • 2013年6月20日 条例を施行(同日施行規則・専門委員会設置要綱を施行)

下記のPDFは分かりやすく解説をしています。

  • この件に関するお問合せ

高森町教育委員会 事務局長:壬生 照玄(ミブ ショウゲン)

 

高森町子どもいじめ防止条例(案)に対するご意見について

平成25年4月1日

高森町子どもいじめ防止条例の意見募集は3月15日にいったん締切をしました。
多くの町民の皆さまに関心をいただき、13件のご意見をいただきました。
町では、ご意見に対する見解を以下のとおり公表します。
今後、学校やPTA総会等の場で更にご意見をいただき、より良い条例づくりに向けて検討していきますので、ご理解ご協力をお願いいたします。

高森町子どもいじめ防止条例(案)について

平成25年2月20日
24高森教第116号

 高森町の子どもは、町の未来の希望であり、子ども達が健やかに成長することは町民すべての願いです。現在、大きな社会問題となっているいじめは、子どもの心身の健やかな成長を妨げるばかりか、今後の子どもの生き方にも深刻な影響を与えます。こうしたいじめから子どもたちを守るためには、発達途上にある子どもたちの人間関係において、いじめは、いつでも、どこでも、だれにでも起こり得るという共通認識にたち、学校だけでなく、社会全体で、子どもが健やかに成長できる環境を整えていく必要があると考えます。
 平成20年12月に、高森中学校では、生徒会が中心となって「小原ケ丘憲法」を制定し、以来、全校でいじめのない学校づくりに取り組んでいます。
 そこで、深刻化するいじめの問題に対し、町では、「小原ケ丘憲法」に託した生徒の想いを町民の皆さんと共有し、『いじめは絶対に許さない』という姿勢を明確に示すとともに、いじめをなくす対策を町ぐるみで推進するため、「高森町子どもいじめ防止条例」の制定を目指しています。

下記の高森町子どもいじめ防止条例(案)は原案で修正前です。

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 こども支援係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら