更新日:2016年09月12日

国保の給付が受けられないもの

国保に加入していても、次のような場合の医療費は保険の対象にはなりませんので、注意しましょう。

病気とみなされないもの

  • 美容整形
  • 正常な妊娠やお産
  • 経済上の理由による妊娠中絶
  • 歯列矯正
  • 日常生活に支障のないわきがや顔のしみ
  • 健康診断
  • 予防注射

仕事上のけがや病気

労災保険が適用されるか、労働基準法にしたがって、雇い主の負担となります。

国保の給付が制限されるとき

けんか、泥酔などが原因のけがや病気

参考ページ

故意の事故や犯罪行為によるけがや病気

医師の指示に従わなかったとき

関連する情報

この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 健康係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら