更新日:2018年05月23日

平成30・31年度後期高齢者医療保険料率について

 後期高齢者医療制度の保険料率は、今後見込まれる医療費などの推計をもとに2年ごと見直されます。平成30・31年度の保険料率は、均等割額、所得割率ともに平成28年・29年度と同料率となります。

平成30・31年度の保険料率

均等割額

 年 40,907円

所得割率

 8.30%

限度額

 年 620,000円

 

医療機関における適正受診にご協力ください

 

  • 休日や夜間の救急受診に際しましては、救急医療機関への適正な受診にご協力をお願いします。
  • かかりつけの医師を持ち、気になることがあったら、まずは相談しましょう。
  • 同じ病気で複数の医療機関を受診することは控えましょう。重複する検査や服薬により、かえって体に悪影響を与えてしまう心配があります。
  • 薬が余っているときは、医師や薬剤師に相談しましょう。
  • 後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、先発医薬品と同等の効果を持ち、費用も安くすみます。「ジェネリック医薬品相談カード」を医療機関や薬局に提示し、利用について相談しましょう。
この記事に関するお問い合わせ先

健康福祉課 高齢者係

電話:0265-35-9412 / ファックス:0265-35-6854

お問い合わせはこちら