更新日:2018年12月25日

監査委員の役割と構成と組織

監査委員の役割と構成・組織について

監査委員の役割

 監査委員は、地方自治法第195条の規定により設置されている機関です。

 監査委員の役割は、高森町の事務事業の執行が法令等に従って適切に執行されているか、また、

  • 最小の経費で最大の効果を発揮するように運用されているか
  • 町民の皆さんの税金が効率的に使われているか
  • 町のそれぞれの事業が本来の効果を上げているのか

などの経済性、効率性、有効性等についても、独立した第三者の立場に立って検証を行います。

監査委員の構成・組織

 高森町の監査委員は、識見委員の1名、町議会選出議員の1名、計2名で構成されています。

 監査委員の任期は、識見委員が4年であり、議会選出委員は議員の任期によります。

 監査委員は、他の委員会のような合議制の機関ではなく、各委員が単独で職務を執行することができる独任制の行政機関ですが、監査報告や監査意見を提出する時は、委員の合議により決定します。

 監査委員には委員長がいませんが、委員の庶務を担当する委員として、識見委員が代表監査委員となります。

 監査委員の事務を補助する部局として監査委員事務局が設けられ、代表監査委員が事務局職員を指揮監督します。

監査委員名簿

監査委員名簿

氏名

区分

就任年月日

下井 明

代表監査委員

平成30年6月24日

本島 昭

議会選出委員

平成29年7月31日

監査委員事務局の組織

 監査委員事務局は、定例監査、行政監査、財政的援助団体等の監査、行政監査請求に係る監査などについて、監査委員を補助する機関で、監査委員に関する事務に従事します。

 監査委員事務局の職員数は2名です(平成29年10月1日現在)

この記事に関するお問い合わせ先

監査委員事務局

電話:0265-35-9404 / ファックス:0265-35-8294

お問い合わせはこちら