更新日:2017年06月15日

6月13日 60周年記念★上沼純子さんのコンサートが行われました

 高森町は昭和32年に町制を施行し、緑豊かな自然環境と歴史や文化に育まれながら、住民相互の協力によりまちづくりを進めてきました。町制施行60周年の節目を迎えるこの年、町民の皆さんが先人の培ってきた高森町の魅力を分かち合い、さらに、この先の世代へそれらをつないでいく事を目的に、各種記念事業を開催しています。

 記念事業の一つとして、一流の音楽との出会い・体験をとおして高森中学生はじめ町民の皆さんが生涯にわたって音楽に親しむ感覚を養われることを目的に、FORESTA(フォレスタ)メンバーとして活躍されている上沼純子さんのコンサートを6月13日に高森中学校体育館を会場に開催しました。

コンサートパンフレット(PDF:187.7KB)

コンサート写真2

 コンサートには高森中学校の生徒の皆さん、一般の皆さん合わせて約800人が来場されました。 

 唱歌やクラシックなど、アンコールを含め12曲を披露いただき、「信濃の国」「ふるさと」では会場の皆さんと合唱しました。

 

コンサート写真2

 上沼純子さんには熊谷町長から「高森町ふるさとPR大使」をお願いし、公演に行く先々で高森町の魅力を発信していただきます。

「高森町に縁のある一人として、この度PR大使というお役目を受け、一緒に高森町を盛り上げて行きたいです」とお話されました。

任命式3

上沼純子さん(右) 矢澤麻衣子さん(左)

 ソプラノの上沼純子さんは、飯田市のご出身で、「FORESTA」メンバーとして、BS日テレ「BS日本・こころの歌」に毎週月曜夜9時よりレギュラー出演されています。

 ピアノの矢澤麻衣子さんは、飯田市にお住まいで演奏活動をしながら、ピアノ教室を主宰されています。

上沼 純子(うえぬまじゅんこ) ソプラノ

東京音楽大学声楽演奏家コース卒業、同大学院声楽専攻オペラ研究領域修了。在学中、ソロ・室内楽定期演奏会、学内卒業演奏会、長野県新人演奏会に出演。二期会オペラ研修所マスタークラス修了、二期会新進声楽家の夕べに出演。としま未来文化財団主催オペラ「ヘンゼルとグレーテル」ヘンゼル役でオペラデビュー。また、飯田交響楽団創立20周年記念演奏会において、ベートーヴェン作曲「第九」ソリストを務める。第8回ル・ブリアン・フランス音楽コンクール審査員賞。第2回東京国際声楽コンクール入選。第5回横浜国際音楽コンクール入選。第5回さくら音楽コンクール入賞。ウィーン国立音楽大学サマーセミナーに参加し演奏会に出演、ディプロマを授与される。現在はオペラ、コンサートに出演する傍ら、コーラスグループ「FORESTA」メンバーとして、BS日テレ「BS日本・こころの歌」に毎週月曜夜9時よりレギュラー出演中。日本各地でコンサートに出演している。二期会会員。

ピアノ 矢澤麻衣子(やざわまいこ) 

昭和音楽大学ピアノ演奏家コース卒業、同大学院研究生修了。ザルツブルグ・モーツァルテウム音楽大学に留学。イムレ・ローマンの下で3年間研鑽を積む。現在、演奏活動をしながら、ピアノ教室を主宰。

 

この記事に関するお問い合わせ先

教育委員会 こども支援係

電話:0265-35-9416 / ファックス:0265-35-2973

お問い合わせはこちら